すっぽんに関する情報をかき集めてみたよ!

すっぽんのすべての情報をこのページに集約しました!

 

本サイトでは、すっぽんサプリに関する様々な情報を集約してお届けしています。

 

その中心にあるのが、コラーゲンたっぷり、栄養素たっぷり、元気の素と言われているスッポンです。

 

今回は、そのすっぽんにスポットを当て、スッポンに関するありとあらゆる情報をかき集めてまとめました。
まずはあなたが試そうとしているすっぽんサプリのメインとなるすっぽんの情報をご覧になってみてください。

 

 

すっぽんってなに

すっぽんというと何を想像しますか?

 

  • 月とすっぽん?
  • 噛み付いたら雷がなるまで離さない?
  • 豚のような鼻を持つカメ?
  • 滋養強壮に効く男性食材?
  • コラーゲンたっぷりの美容食材?

 

すっぽんについては、日本人と非常に関係が深い食材で、日本の歴史が始まったくらいから貴重なタンパク源として食されてきたという歴史があります。

 

また、日本では、狐、狸という動物たちと同様に、すっぽんも妖怪として考えられている土地もあり、畏敬を感じる生き物として認識されていました。

 

妖怪として見られているくらいなので、それを食べる文化自体がちょっとよくわかりませんが(笑)、すっぽん料理を食べすぎると幽霊になって祟られるとも言われていたようです。

 

北陸地方の綺談集「北越奇談」には、大繁盛していたすっぽん料理店の主人が寝床で無数のすっぽんの例に苦しめられる話があったり、名古屋の方では、常にすっぽん料理を食べていた男がすっぽんの霊に取り憑かれて顔や手足がすっぽんになってしまったという話が残されています。

 

この話が本当なら、すっぽんの養殖業を生業にする人たちはほぼすっぽんの霊に苦しめられているか、すっぽんのような姿になってしまっていますね(笑)

 

それに、すっぽんサプリを活用している世の中の女性はその美貌を保つどころか、すっぽんのような姿になってしまっていることになります。

 

伝記っていうのは、どうやって生まれてくるのかはわかりませんが、どうあがいても創作なんでしょうけど、幻想的なことは信じて、真実をさらされないのがいいんでしょうね。

 

巨大生物のネッシーが作り物だったなんて種を明かされてしまうと、ロマンもなにもあったもんじゃないですからね。

 

 

すっぽんのルーツ

すっぽんは3000年以上も変えから中国で食べられていたという記録が残っていて、楊貴妃も宮中料理として食べていたそうです。

 

中国では、すっぽん料理やすっぽんの管理を任される職業もあったくらいで、その栄養価の高さから、高級料理として重宝されてきたようです。

 

日本では縄文時代の貝塚からすっぽんの化石が出土したことから縄文時代からすっぽんが食べられていたと考えられています。

 

江戸時代の中期になると、すっぽんが安く手に入るため、中国とは違い、滋養強壮、栄養補給として、庶民に親しまれる食材でした。

 

関西の一部では、すっぽん鍋のことを丸鍋と呼ぶところがあるのですが、背中の形が丸いことから名前がついたと言われていますし、ホントかどうかわかりませんが、【月とすっぽん】という言葉はすっぽんの背中が丸いことからついたことわざという噂もあるくらいです。

 

日本に生息しているすっぽんは日本古来の個体として考えられていますが、中国で3000年以上も前から食べられていたことを考えると、すっぽんのもともとのルーツは中国であると言えるでしょう。

 

 

すっぽんの世界分布

すっぽんは、中国・日本・台湾・韓国・北朝鮮・ロシア南東部・東南アジアに分布しています。
また、アメリカにもソフトシェルタートルは生息していますが、アジアのようにカメを食す文化はありません。

 

基本的にすっぽんを食べる文化は日本や中国、インドやベトナムなどアジアの国であり、普通にすっぽんが食べられています。
食文化については、ヨーロッパやアメリカの人からはあまり理解されないところもありますが、世界には、それを食べるか?っていうような国もあるので、それだけ人間が環境に適応できる雑食だってことですね。

 

 

 

世界最大のスッポン

世界最大のスッポンは、レッド・リバーのソフトシェルタートル、上海のソフトシェルタートル、Swinhoeのソフトシェルタートル、長江のソフトシェルタートルの4種ですが、現在では、中国の蘇州・上方山森林動物世界にいる1対の長江ソフトシェルタートルのみです。
ハノイのホアンキエム湖に野生の長江ソフトシェルタートルが生きていましたが、2016年の1月に死亡が確認されたようです。

 

 

 

 

中国の蘇州・上方山森林動物世界にいる1対の世界最大のすっぽんは2018年10月時点では元気に生きているようで、繁殖を何度も試みているようですが、うまく行っていないみたいです。

 

中国在住の方のブログに生存している写真が掲載されていました。

 

 

ちょっと古いですが、最大の長江ソフトシェルタートルがみつかったニュースがYoutubeにありました。

 

 

 

 

世界最小のスッポン

 

基本的に亀は小さい種があまりなく、スッポン科のカメは最小でもアメリカのスベスッポン(Apalone mutica)で、16.5~35.6 cmくらいだそうです。

 

すっぽん

 

日本のすっぽんも同じくらいの大きさなので、もしかしたら日本のすっぽんも世界最小のすっぽんの部類に入るかもしれません。

 

最大だと、どんどん大きくなるので、わかりやすいのですが、最小というのは、現状からさらに大きくなるかもしれないので、なかなか判断は難しいですよね。

 

 

すっぽんは絶滅危惧種なの?

日本人やアジア人が食べているすっぽんですが、野生の個体調査についてはほとんど行われていません。

 

調査がほとんど行われていないため、野生の絶滅危惧があるかも含めてよくわかっていないため、日本の環境省のレッドリストには、情報不足というカテゴリに分類されています。

 

しかし、国際自然保護連合IUCNのレッドリストでは、2016年に絶滅危惧のある危急種として追加されてるんです。

 

そもそも、レッドリストに上がってくる種ってどうやって調査してるんでしょうね。

 

 

すっぽんの養殖

政府統計の総合窓口である【e-Stat】によると日本では、すっぽんの養殖業者が51業者あって、最大数は長崎県の10。続いて佐賀が7、熊本と大分が6とすっぽんの養殖業者は九州に集中している感じです。

 

そして、そのすっぽんの販売金額を見ると年間1億円以上を売り上げる業者が4つ、1000万から5000万が13件、残りは1000万を切るところばかりです。

 

すっぽんの養殖業ってあんまり儲かっていないような印象がありますね。

 

でもこれだけ生産されているということは、野生のすっぽんが絶滅危惧種になったとしても、養殖でまかなえるだけの生産はされているということです。

 

安心して、すっぽんサプリを活用しましょう!

 

また、天然のすっぽんで臭みがない個体が食用として利用されますが、養殖すっぽんは与えるえさのにおいが強く感じられるので、すっぽん養殖業者は独自の方法で開発したえさを使っているようです。

 

さらに、すっぽんは神経質なくせに普通のカメ同様に日光浴を好むため、静寂で日照のある環境が必要なので、すっぽんを安定して生産するには高度な養殖技術が必要になります。

 

データ的に見ても、年間売り上げが1億以上のすっぽん養殖業者が4社しかないことから、ある意味ブルーオーシャン的な業種かもしれませんが、それだけ養殖技術が求められるということですね。

 

 

すっぽんの料理

江戸時代には日本で庶民の料理となっていたすっぽんですが、最近では、一般人がなかなか食べることのできない高級料理になっています。

 

すっぽん料理を出せるお店も限られていますし、自分自身ですっぽんを捕まえて料理することもありません。

 

 

という記事を見かけましたが、そもそもすっぽんを捕まえられる川や池も近くにありませんし、捕まえたとしても生きたすっぽんを料理する度胸もありません。

 

すっぽん料理を食べるなら、やはり、すっぽん料理専門店に行くのがベストでしょう。

 

そんなすっぽん料理は鍋がメインで、すでに紹介したように丸鍋といわれるものです。
すっぽんは、甲羅や爪、膀胱、胆のう以外はすべて食べることができ、特に甲羅の周りにあるエンペラにはたっぷりのコラーゲンが含まれていて、女性の美容に役立つとして、女性から絶大な人気を誇っています。

 

すっぽんの生き血を日本酒などのアルコールで割ったものを食前酒として提供しているようですが、一味加えないと血なまぐさくて飲めないようなので、専門店は何か工夫を凝らしているんでしょうね。

 

すっぽんから抽出されるエキスが濃厚で鍋を食べた後の雑炊もたまらなくおいしいのですが、すっぽんをから揚げにしたものが極上のようです。

 

 

この人がどうしてこれだけすっぽんを捕まえられるのかは不思議ですが、間違いなく、日本で一番すっぽんを食べている人かもしれません。

 

 

すっぽんのサプリ

これまですっぽんのルーツからはじまって、すっぽんのことをくわしく紹介してきましたが、すっぽんが持つ元気の源を感じ取ってもらえたでしょうか?

 

すっぽんを捕まえて、自分で料理をして味わえば、お店で食べるよりは安く済むかもしれませんが、手間暇考えると料亭で高級すっぽんを食べるのが一番コストパフォーマンスが高いような気がします。

 

もちろん、すっぽんを捕まえて、すっぽんを自分で料理することに楽しみを感じられる人はぜひ挑戦してもらえたらいいのですが、多くの人がそこまでできないことは火を見るよりも明らかです。

 

そんなすっぽんの栄養は取り入れたいけど、高級料亭にもいくお金もないし、自分で捕まえても料理ができないという人にぴったりなのが【すっぽんサプリ】です。

 

すっぽんの滋養強壮効果は、これまでの先人たちの経験から明らかなので、そのパワーを手軽に取り入れるためにはやはりすっぽんの栄養素を丸ごとサプリにしたすっぽんサプリがおすすめです。

 

そんなすっぽんサプリをランキングにしてみたので、ぜひ一度ご覧になってみてください。